顎のたるみが気になる人へ|改善方法を一から伝授

ウーマン

元通りの顔に戻す

鏡を見る女性

すっきりした輪郭を目指す

顔の悩みには二種類あり、先天的なものと後天的なものに分けられます。先天的なものは、もともと骨が出っ張っていたり鼻の形が整っていなかったり、まぶたが一重であるといった悩みです。それに対して後天的なものは、色素が沈着してきたことによるシミやほくろ、加齢によるシワといった老化が関係していることです。そして顎のたるみは、後天的なものに分類されます。たるんでいる部分というのは皮膚や脂肪が落ちてきた部分です。これは元々は咀嚼筋や表情筋などの筋肉で支えられている部位ですが、老化によってその筋肉が衰えてきた結果筋肉や骨から脂肪がこぼれ落ち、たるみになるというわけです。そして後天的であるということは、まだたるんでいない人や軽度な人もこれから進行してくる可能性があるということです。このように顎がたるんだ場合、美容外科に行くことで施術を受けることができます。筋肉が衰えてしまった分を様々な側面からカバーすることで、たるみを治そうという方法です。治療法には大きくわけて三つあります。一つは、たるんでいる成分である脂肪を減らすことです。その方法は脂肪吸引と呼ばれるもので、管をたるんでいる部分に通して機械で吸い出します。そうすることによって余分な脂肪が体外に出て行き、たるむものが無くなることで解消できるわけです。この方法は肥満だったり脂肪が多すぎたりするという方に用いられます。またもう一つの手段として、脂肪を溶かす成分を注射するという方法もあります。これは脂肪があまり多くない場合にしか使えませんが、輪郭が脂肪吸引よりも自然になり皮膚のでこぼこができません。二つ目は、たるんでいる皮膚を引き締めることによって顎をすっきりさせる方法です。これは糸によって引っ張ることで筋肉の代わりをさせるリフトという手法がよく使われます。しかしたるみが重度な場合は糸で引っ張っても皮が余ってしまうので、その場合は皮膚を切除することによって余分な部分をカットします。これは顎の裏あたりを切るので、傷が外から目立つということはありません。そして三つ目は、骨を大きくすることで筋肉の代わりに脂肪を支えてもらう方法です。もちろん骨そのものを肥大させることはできないので、代わりにヒアルロン酸を注入することで骨の代わりにします。また鼻の整形などのようにシリコンを入れることで、顎のたるみを治すとともにそれを伸ばし、すっきりとした輪郭を人工的に作ることも可能です。このように脂肪、皮膚、骨の三つへのアプローチでたるみを改善するわけですが、たいていの場合原因は一つではありません。つまり、脂肪も多すぎるしそのせいで皮膚も伸びきっているという場合や、脂肪をとっても骨が小さすぎて結局再発してしまうだろうという場合も多く存在するということです。その場合は整形を掛け合わせるという活用方法で解決します。特に脂肪と皮膚両方のせいという状況は多いので、脂肪吸引のために管を通し、吸引した後でその部分を切り取るという手術が使われます。これなら、複数の施術を行ったにも関わらず傷は一つで済み、傷跡も目立ちにくいという利点があります。このように整形は、顔を美しくするだけでなく顔を美しい状態に戻す場合にも活用できます。後天的な症状は誰にでも起こりうるということを理解し、予防していきましょう。それと同時に、症状が出てしまった場合の対処方法まで、つまり手術内容や通う病院まで考えておくことが必要です。